2008年11月29日

2008.11.29@初冬の晴れ間より。

土曜日の昼下がり、
皆様いかがおすごしですか?
元気してますか?
そこに愛はありますか?
僕は今、
看板を作っています。
久しぶりの青空広がる初冬の白馬。
冷たい雨がパラつく昨日は、
元オリンピック選手に…インスタントラーメンを作りました。
12月目前、
久しぶりの青空広がる初冬の白馬、
Bob Marleyなど聴きながら、
看板を作っています。
PB291422.JPG
一人で看板を作っています。
午後は一人でペンキを塗ります。
決して寂しい訳ではございません。
寂しくなんてありません。
寂しくなんてない…。
白馬みねかたスキー場
12月20日オープンです。
寂しくなんてない。
皆様遊びに来てください。
PB291415.JPG
寂しい。

初冬の白馬より
やまだこうた
posted by やまだこうた at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

2008.11.24@実家にて。

最近は、
“オトコ仕事”に従事しながら、
たまにスーツを着たりしていました。
今年は、
わりとよく色んな人に会うのですが、
といっても今までの生活からは縁遠いような人たちばかりで、
それはそれで刺激的なものではありますが、
その中での嫌悪感や葛藤は否めません。
自分の行き先がどこなのか、
年の暮れが近づいた今年もまた、
不透明ではありますが、
今日もまた、
こうして何かを吐き出す次第であります。
さて、
そんな嫌悪感や葛藤について。
ものごと頭ごなしにこうだと決めつける視野の狭さ、
それには普段から注意を払ってはいるのでありますが、
それを心に留めておきながらも、
なんと言いますか、
肌感覚、
感じてしまう事があります。
止めどなく猛スピードで流れる社会の荒波の中でなら、
目をつぶって横に流してしまえるのかもしれませんが、
割と自分自身や置かれた環境を見つめてしまえる白馬の山奥においては、
そのひっかかりをやり過ごす事は、
なかなか難しいのです。
ある席で、
力ある方の些細な一言が、
ひどく気になって、
自分の中で嫌悪の念をもって大きく育ってしまいました。
もう話したくもなければ、
顔も見たくありません。
ですが、
はっきりさせなければいけない事ではあるので、
はっきりさせた上で、
さりげなく離れて行きたいと考えています。
決してその考え自体、
確かにそうであるとも思う部分はあるのですが、
いかんせん、
信じるべきは自分の肌感覚、
どうもしっくり来ない、
腑に落ちない。
そんな事が、
最近ありました。
PB221396.JPG
“オトコ仕事”のお茶の時間です。
じいちゃん達は、
カメラを向けると逃げます。
魂でも抜かれると思っているのでしょうか…。
とても愛らしい、
じいちゃん達です。
ある部分に特化したリゾート計画や、
地域再生的な再開発夢物語を、
人から熱く話されるたびに、
どこかしっくりこない気持ちが拭いきれませんでした。
熱く語れば語るほどに、
僕は冷えました。
この土地に生まれ育った人を見下すような言葉を聞いた時は、
血の気が引きました。
その人の人となりに、
どん引きしました。
いくら熱く夢を語ろうが、
どんな経歴を持っていようが、
引くときは引くのです。
「おい、やま!!おめーは相変わらず何にもできねーだな!!」
そんな事を言いながら、
優しくなんでもしてくれる地元のじいちゃん達。
昨日、
スーツ姿を見せたら、
ひどく喜んでくれました。
こちらも孫にでもなったような気分でした。
もしかしたら、
僕の肌感覚なんかでたらめで、
そっち側の意見が正解で、
それが成功であったとしても、
僕は自信もって間違った方でいい、
と思う。
今はそういう気分です。
摩擦を恐れるな、
とはよく言われる言葉ではありますが、
こっちに摩擦するくらいならそっちと摩擦します、
僕は。
じいちゃん.jpg
こんな愛嬌あふれるじいちゃん達。
“オトコ仕事”に従事したこの数日は、
ここ数ヶ月、
一番しっくりきました。
愛らしい、
ほんと愛らしいじいちゃん達です。
愚痴もここらで終わらせて、
今は一時実家へ帰省中です。
先日は夏タイヤで雪道を走って滑りまくりました。
タイヤも替えて、
冬の準備もして。
そんなわけで一時帰省中なのです。
昨冬があけた時、
実家へ向かう途中によった春はじめの日本海に、
感動したこと思い出しました。
今日も久しぶりの日本海を見て、
なんか嬉しくなりました。
PB241400.JPG
久しぶりに、
色んな事を考えるゆっくりした夜です。

やまだこうた
posted by やまだこうた at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

2008.11.19@Mt.Fuji。

初雪の白馬は
思いのほかどかっと、
雪が降り積もっています。
全国的な冬型気圧配置(よくわからないけど)の中、
富士山はピッカピカでした。
PB191336.JPG
一日お休みをいただいて、
社員さまのトレーニングに便乗し、
冬に片足突っ込んだ富士山へ、
行ってきました。
富士山はピッカピカでした。
PB191343.JPG
レンズが汚くてすいません。
PB191361.JPG
新5合目はすでに氷点下、
水分がどんどん凍りはじめ、
登りだしてすぐ、
ザックの中の水も凍りました。
晴れているとはいえ、
麓からでも雪煙や渦を巻く雲が見え、
風は強そう。
PB191367.JPG
社員さまのペースに着いて行けるはずもなく、
離団。
登るほどに、
当たり前のように風は強く冷たく、
空気は薄く、
それでも振り返れば太平洋に伊豆半島。
PB191366.JPG
振り返り、
晴れている事を確認して、
前を向けば、
上から氷の粒や小さな石が風と一緒に吹き付ける。
雪山を登った経験は、
無い。
PB191370.JPG
無理なら引き返す約束で来た事、
絶対怪我をしない約束で来た事。
無理じゃないし怪我もしない。
8合目だか9合目を越えたくらいからやろうか、
前後左右上下四方八方から突風のように風が吹き付けて、
屈んで耐える、
隙をついて登る、
その繰り返し。
汗が凍りだす。
鼻の穴が凍った。
パンも凍った。
水筒に入れたホットコーヒーが冷たい。
富士山登山者数247,066人は今年の夏。
今日はほとんど誰もいません。
PB191375.JPG
登らねばならぬ使命感みたいなものが勝手に生まれ、
とにかく登って登って、
登った。
PB191376.JPG
山頂から下りて来た社員さまと合流できた。
社員さまが拳を突き出して、
僕も拳を突き出して、
コツン。
社員さまに引き上げてもらって、
Mt.Fuji3,776m、
超寒いはずなのにどんどん熱でてくる感じ。
好きな人の幸せを願い、
亡き人を祈り、
自分褒めたいこの感じ。
めちゃくちゃ過酷なのに、
めちゃくちゃ幸せなこの感じ。
酸素の薄さ最高。
ぶっ飛んだ。
PB191380.JPG
やまだこうた
posted by やまだこうた at 00:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

2008.11.18@白馬初雪。

初雪が降っています。
PB181325.JPG
初雪なのに、
結構な勢いでもって降っています。
PB181331.JPG
モキュッ
久しぶりに、
降りたての雪を踏む音を感じました。
PB181327.JPG
仮眠の後、
Mt.Fuji!!
富士山へ行ってきます。

やまだこうた
posted by やまだこうた at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

2008.11.15@諏訪-甲府-八王子-富士吉田-静岡-掛川-浜松-豊橋-諏訪-長野。

「こうたくんて忍者みたいやね」

「こうたくんて忍者みたいやねって、うちのおかん言っとったよ」
忍者か…。
みねかたパンフ.jpg
この数日、
スキー場のパンフレットを持って、
道路をひた走っていた。
今年の白馬みねかたスキー場のパンフレットは、
もっつです。
先シーズン、
もっつが遊びに来てくれた時撮りました。
もっつです。
2008.11.12
お昼過ぎに白馬を出た。
お昼過ぎに諏訪に着いた。
夕方甲府に着いた。
久しぶりに見る、
営業中の夕焼け。
PB121305.JPG
なんでやろう。
なんで営業中の夕焼けはこんなに、
辛くなるんやろう。
夜手前には八王子に居た。
2008.11.13
朝には富士山の近くに居た。
初めて見る、
営業中の富士山。
PB131310.JPG
Mt.Fuji!!
お昼には静岡に着いた。
大学一年生の時、
原チャで東京-石川を往復したことがある。
その時以来の、
国道1号。
その時は、
静岡の横に長いただそれだけに、
嫌になった。
この時も、
静岡の横に長いただそれだけに、
もう嫌になった。
掛川を経由して、
夕方浜松に着いた。
PB131316.JPG
辛すぎて、
目を瞑りたくなる夕暮れやった。
日没前に浜松を出て、
夜手前、
愛知県は豊橋に着いた。
夜、
その後の愛知を諦め、
長野へ向かって、
夜中、
長野県の山中で力つきた。
2008.11.14
翌朝は長野県は諏訪に居た。
丸一日研修会に出席した。
よく晴れたその日は、
遠く白馬からずーっと続く北アルプスが、
とてもよく見えてしまった。
あんまりにも大きく長かった。
その晩、
長野県は長野市で、
再会した。
まりかさんにあつしくん。
昔話に無理矢理花を咲かせた。
まりかは変わらずとても優しく、
あつしは…なんだか大人の匂いがした。
二人ともかっこよかった!
また遊びましょ。
PB141323.JPG
また遊びましょ。

やまだこうた
posted by やまだこうた at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

2008.11.5@幸せ最高ありがとうマジで。

郵便局へ向かいに、
車で山を下りる途中、
久々にやってきた衝動に、
心躍るものがあって、
そのまま引き返し、
みねかた山に登った。
PB051242.JPG
超ケーキが好きな人が、
目の前に超おいしいとわかっているケーキを出されて、
逃げ出す超ケーキが好きな人はおらんやろう。
超欲求不満人間が、
目の前に絶世の美女がはだ…
この喩えは止めよう。
とにかく、
久々にやってきた衝動に、
心躍った。
PB051237.JPG
ひょんな事から無駄に元気になる瞬間てあるやろう、
ひょんな事から無駄に元気になった瞬間やった。
ちくしょう!!空が青いじゃねぇか!!
悲しいかな、
いや嬉しいかな、
どっちかな、
どっちでもいいけど、
青い青い空に、
それだけでものすごく、
幸せ最高ありがとうマジで!
PB051244.JPG
よく空を見つめちゃう人ってどうかと思うけど、
ポツンと一人で居ると、
自分見つめると辛いから、
割とよく空とか見つめちゃってる人になっちゃってちゃってちゃって。
ここまで青青青いと、
世の中のいいことわるいこと、
自分のいいことわるいこと、
全部チャラにしてくれそうな気がする。
全部チャラにするとアレなもんで、
わるいことわるいとこだけ、
チャラにして欲しい。
絶対、
広い空はいい。
蒼井そらはいい。
間違えた、
青い空はいい!
PB051257.JPG
でかいでかいでかいでかーい。
太陽!!紅葉!!HeyYO!!
PB051262.JPG
紅いー!
絶対想う。
でかい山はいい!
広い空はいい、
青い空はいい!
PB051252.JPG
絶対いいんだよ、
マジで。

やまだこうた
posted by やまだこうた at 00:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

2008.11.5@抜群の星空の下。

なんでそういう時の勘はあたるんやろう、
と。

東京で、
久しぶりに弟に再会した。
突然の訪問を快く受け入れてくれたかどうかは、
わからないけど、
久しぶりに会った弟は、
とても可愛く弟やった。
いろいろ説教をされたけど、
先に床で寝てしまった兄に、
バスタオルを2枚かけてくれる、
優しい弟やった。
布団は貸してくれなかった。

神田には、
スキー専門店や大きなスポーツ店が多い。
ということで、
背中に資料を背負って、
神田に行った。
ズレ始めた目的を再確認しながら、
なんとか店舗を廻り終えた。
神田には、
本屋さんがめちゃくちゃ多い。
その日の神田は、
本がお祭りを興していた。
PB031231.JPG
この先も読む事は無いやろうマニアックな本が、
通りに並んでいた。
古本に人が集まるその光景は、
とても美しかった。
本は、
美しい。
別に、
専門も無ければ、
一日活字に溺れる癖も無いけれども、
古本屋なんかにあるバックナンバー、
昔々のロゴや色使いレイアウト、
面白い。
日に焼けた紙の色匂い、
古本屋に入るたび深呼吸などしてしまう。
ブルータスのバックナンバーを探した。
ある本屋に、
創刊から今に至るまですべて置いてあった、
1冊だけ抜けとった。
その1冊が欲しかった。
店主に、
「昨日売れた」
と言われた。
その1冊はホンマタカシさんが撮ったスイスアルプスの号。
その帰りに、
今月のエスクァイアを買った。
ホンマタカシさんが撮った北穂高と加瀬亮さん。
ホンマタカシさんの撮った山の写真は、
すごく好きだ。
山岳写真家の写真や、
超アマチュアの身体を張った気合いの一枚みたいな、
山の写真らしい山の写真じゃない感じが、
すごく好きだ。

なんでそういう時の勘はあたるんやろう、
と。

東京にいたその夜に、
すごく大事な人が亡くなった。
家族でお世話になった方やった。
東京にいたある朝に、
母親から電話があった。
電話にでれずにかけ直した。
2回、
3回、
電話にでないので4回ほどかけ直したか。
「…もう一つ悲しい話があるんやけど…」
なんでそういう時の勘はあたるんやろう。
母親も僕も葬儀にはでられないので、
今居る病院へ向かった。
渋谷で花屋を4件まわった。
向日葵を探してまわった。
結局向日葵は見つからんかった。
その日の市場には出なかったらしい。
夏にお見舞いへ行ったとき、
向日葵を持って行った。
その時は外出中で会う事ができんかった。
後で、
向日葵が一番好きだって連絡をくれた。
別の花束を作って、
病院へ行った。
「霊安室」
と言われたので霊安室へ向かった。
3部屋あった霊安室はどれも鍵がかけられていた、
らしい。
霊安室の前の廊下の電気は消され、
誰も居ず、
しばらく廊下の椅子で待ってはみたけど、
誰も来ないので、
またロビーへ戻った。
いろいろ聞いてみたけど、
今日の面会はできないらしい。
鍵がかけられて、
あける事はできないらしい。
どうしようもないので、
花を預けて、
帰った。
バスで渋谷へ戻ったら、
駅の下に花屋が増えていた。
さっきなかった花屋で、
夕方からの営業やったらしい。
向日葵が売っていた。
夏の向日葵は、
ここで買ったんやった。
最後に会ったのは春やった。
旅をする前に会った時、
「ぜひ日本の素晴らしさに気づいてほしい」
と言われた事を思い出した。

嬉しい話があった。
旅した時のある写真が、
ある雑誌に掲載されるというお話。
旅の本なので、
また発行された際、
見つけたら見てほしいなーと思います。
見つけたらぜひ、
見てください。

気温が零度付近まで下がってきました。
寒い寒い。
PB031234.JPG
ありがとさま。

やまだこうた
posted by やまだこうた at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。